今日借りるのに適した最短即日融資サービスがあるプロミス

 

しまった!今日お金が必要なのに給料日前で持ち合わせがない!


多々あるこういう状況の時は最短即日融資の手段が豊富なプロミスが有効です。お金が必要なことが気付いたのが夕方でも、土日祝日でもプロミスなら対処可能です。

プロミスで今日お金を借りる手段

プロミスでもその他のカードローンでもすぐにお金を借りる方法は二つしかありません。

 

 

  • 手持ちの銀行口座に今日中に振込融資してもらう方法
  • 今日中にカード発行してキャッシングする方法

今日中に振込融資してもらう方法は銀行カードローンの場合は、

 

 

  • 振込融資サービスがある銀行カードローンが少ない
  • 振込サービスがあっても平日の午前中に申込みから振込手続きまで完了させなければならないので時間がない
  • 振込サービスがあっても自行口座しか振込融資できない

以上の理由から諦めた方がいいでしょう。しかしプロミスにはすごい振込サービスがあります。それは瞬フリという振込サービスですが、

 

 

なんと24時間365日最短10秒で振込融資が可能になるので、夕方からでも土日祝日でも最短今日中に振込融資が可能です。対象口座は、

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

いずれかの口座を登録すれば瞬フリが利用可能になります。


三井住友銀行・ジャパンネット銀行のどちらかの口座へ24時間365日最短10秒で今日すぐ借りれるプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

 

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持ってないんですけど・・・


三井住友銀行やジャパンネット銀行以外の口座にも時間に限りがありますが、最短即日振込可能です。銀行カードローンでは時間的にも厳しい即日振込ですが、プロミスなら時間的にも長く有利です。

各大手カードローンの即日振込の条件
プロミス 平日14:00までに契約完了で金融機関の口座に最短即日振込可能
アコム 平日14:00までに契約完了で金融機関の口座に最短即日振込可能
モビット ※平日14:50までに契約後振込手続き完了で金融機関の口座に最短即日振込可能

※時間や曜日によって不可能な場合があります。

 

大手消費者金融各社では即日振込の条件は、大体似た条件になっています。

即日振込なら平日14:00までに契約完了で今日すぐ借りれるプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

 

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持ってないし、14:00も過ぎてしまったけど・・・


こういった場合もプロミスなら対処可能です。今日中にカード発行してキャッシングする方法として、プロミスの自動契約機があります。

 

自動契約機であれば、平日14:00を過ぎても土日祝日で振込融資ができない時でも、カード発行をすれば最短今日中に借りることができます。

 

この時注意しなければいけない事は、

 

 

  • 審査時間に間に合うように申込む
  • 自動契約機の営業時間内に行く

この二点です。審査時間はプロミスの場合は21:00までしていますが、余裕を持って21:00の1時間前くらいにはしておきたいところです。自動契約機の営業時間内に行くというのは、近くに店舗がないと物理的に不可能です。

 

 

営業時間内に行けるかどうかの目安となるのが自動契約機の設置されている店舗数です。ここでもプロミスは他のカードローンよりも群を抜いて有利です。


各社自動契約機の設置されている店舗数
自動契約機のある店舗数
プロミス 約1,700店舗
アコム 約1,109店舗
モビット 約435店舗(自社ATMなし)
今日中にカード発行してキャッシングできるプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

土日祝日でもプロミスでお金を借りるならここに注意

プロミスは基本的に土曜日や日曜日、祝日であってもお金を借りることができます。

 

お金を借りる方法としては現在ではプロミス以外でも銀行などの展開するカードローンを利用するといった方法もありますが、それでもなおプロミスが選ばれるのはこうした点において銀行などに比べるとアドバンテージがあるからではないでしょうか。

 

銀行の場合は確かに低い金利で利用することができるかもしれませんが、それでも土日の融資に対応できるほどではありません。

 

急にお金が必要になる時というのは何も平日だけとは限りませんので、土日であってもお金を借りることができるプロミスはメリットが大きいといえますね。

 

とはいえ、プロミスを利用して土日祝日に融資を受ける場合にはやはり注意が必要です。

 

まず一つ目の注意点としては、申し込みはインターネットではなく自動契約機を利用するというものです。インターネットでもプロミスは融資の申し込みを受け付けていますが、その場合借入金については銀行の指定口座に振り込まれることになります。

 

つまり、土日祝日はプロミスが営業をしていても銀行が営業をしていないのでお金を受け取ることができないのです。そのため、自動契約機で契約を申し込んで併設されているATMでお金を借りるというものが最もスムーズな方法となります。

 

土日祝日であっても自動契約機の審査内容や時間については変化はありませんので最短で30分で融資を受けることができるという点に変わりはありません。銀行カードローンの審査の場合はすでに自動契約機がない時点で土日祝日の融資が不可能になってしまいます。

 

そのうえで次に注意したい点としては勤務先への在籍確認です。

 

プロミスでは融資を受ける金額にもよりますが、給与明細などのようにその勤務先で働いていることが証明できれば電話連絡での在籍確認が行われないことがありますが、もしもこうした書類に不備があった場合にはやはり電話連絡による在籍確認が行われることになります。

 

その場合、勤務先が休日の場合であれば在籍確認を行うことができませんので融資を受けることもできません。

 

土日祝日も稼働しているプロミスですが、実際に融資を受ける前にはこうした点も注意しておきましょう。

プロミスで審査を申し込む前に確認しておきたいこと

プロミスでは、融資を行うにあたり審査を行っていますが、その審査というものが申し込んできた人の返済能力を判断することを目的として行われる以上は、誰でも無条件に審査に通るというわけではありません。

 

審査の結果プロミスから融資を受けることができないという結果になってしまうケースも十分考えられるわけですが、審査を受けるにあたって注意したい点について再度確認しておきましょう。

 

まず、最も基本的な部分ではありますが申し込み情報が正確であるかどうかという点です。

 

ここでいう「正確な情報」とは、たとえば年収や借入残高の金額を偽って申し込むといったこともそうなのですが、申し込み時に登録した内容に誤字や脱字がないかという点も重要です。

 

特にインターネットからプロミスに融資を申し込む場合には電話やメールで審査結果の連絡が入りますので、その部分の情報が間違った内容で登録されていると連絡が入らなくなってしまいます。

 

これでは審査に通る以前の問題なので、こうした部分は基本的なことではあるもののしっかりと確認しておかなければ即日融資は失敗に終わってしまいます。

 

ちなみに、借入残高の金額などについては異なる情報を記入したとしても信用情報機関に確認されることで必ず真実がばれてしまいますので、正確な情報を記入するようにしましょう。

 

次に、プロミスは総量規制の制約を受ける消費者金融業者ですので、フリーキャッシングの場合は年収の3分の1を超えてお金を借りることはできません。

 

プロミスでは最大で500万円まで融資が可能ではありますが、あまり高額の融資を希望しても総量規制などの関係から審査に通らない可能性が高くなるだけです。

 

そのため、プロミスに融資を申し込む場合にはまず正確な情報を記入すること、そしてあまり高額の融資で申し込まないことが最も基本的な方法といえます。

 

このほかにも審査では様々な確認事項がありますが、まずはこの2点をおさえておくことが基本ともいえますので、申し込む前にしっかりと押さえておきましょう。

プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日プロミス 今日レビューオススメページ価格ホームページ実績人気今日中